和柄手ぬぐい「豆巴」 - 手染め手ぬぐい屋ともぞう本舗の製作日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



現在こちらのブログは休止しております。
新しい情報は下記内容になりますので出店情報やネットショップなど再確認いただきますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出店情報や近況はホームページへ
 >>> http://tomozouhonpowebshop.blog.fc2.com/
ネットショップはこちら
 >>> iichiともぞう本舗(通販部)


【ホームページからお知らせ】
【広報部通信】


= 次回出店予定 (雨天中止) =
 (詳細はこちらをクリックしてください → 出店予定)

和柄手ぬぐい「豆巴」

久しぶりの手ぬぐい紹介です。

今日紹介するのは
和柄手ぬぐい「豆巴です。
mametomoe800.jpg 0093.jpg

手ぬぐいと言えば!豆絞りを連想する人が多いと思いますが
その豆絞り風に巴紋を並べたので「豆巴」です。
この小さい巴は手捺染の特徴を最大限あらわした柄になります。
注染ではこの大きさの巴紋はつぶれてしまいます。

「巴」は
アジア全土で古くからある紋で、
日本では平安時代後期から鎌倉時代に流行し、
この時代に書かれた絵巻の中のさまざまなものの
装飾文様として見出すことができます。

起源は次のように諸説あります
・形から水の渦巻く様子を抽象化したもの
・蛇がとぐろを巻いている形
・電光の走る様子
・勾玉の形 など

呼称については、鞆(とも)という弓を射る時に手首につけた
武具の形に似ているところから鞆絵(ともえ)と称し、
字の形が似ているところから「巴」という字をあてるようになった
といわれています。
    ~すぐわかる日本の伝統文様より(東京美術)~

八幡様やお祭り、太鼓などで見られる文様です

豆巴の「豆」とは
形や規模などが小さいという意味です。

この豆巴は「1つだけ違うシリーズ」で
1か所だけ巴紋が逆を向いています。(左下)
mametomoe1.jpg





現在こちらのブログは休止しております。
新しい情報は下記内容になりますので出店情報やネットショップなど再確認いただきますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出店情報や近況はホームページへ
 >>> http://tomozouhonpowebshop.blog.fc2.com/
ネットショップはこちら
 >>> iichiともぞう本舗(通販部)


【ホームページからお知らせ】
【広報部通信】


= 次回出店予定 (雨天中止) =
 (詳細はこちらをクリックしてください → 出店予定)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ともぞう本舗

Author:ともぞう本舗
こちらのブログでの発信は終了いたしました。

ともぞう本舗の情報はホームページでご確認ください。
>>> ホームページへ移動する

Twitter
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。